研究課題

本研究室では質量分析を基板とした生体成分分析の方法論確立と、それを用いた種々の生命現象の機序解明を目的とした研究を行っています。

I. 質量分析を用いた生体試料の成分分析方法論の確立

組織や体液などに含まれる一次代謝産物や脂質の存在量を、一度の分析で網羅的かつ迅速に分析するための方法論を確立することを目指しています。

各種生体分子の一斉分析方法論の確立

探針エレクトロスプレーイオン化法-質量分析 (probe electrospray ionization-mass spectrometry, PESI-MS) を用いたMS/MS方法論の確立

II. 質量分析と機械学習を用いた疾患診断法の確立

質量分析で得られた成分分析の結果を人工知能の一種である機械学習で判別することにより、悪性腫瘍や生活習慣病、感染症などをスクリーニングすることが可能な診断装置の開発を進めています。

発熱原因 (感染症有無) 迅速診断システムの構築

アレルギー発症の機序解明および診断法の確立

頭頸部腫瘍良悪性診断法の確立

乳がんの悪性度および組織型診断法の確立

大腸がん迅速診断システムの構築

二次救急患者の緊急性・重症度判別

脳腫瘍および脳血管疾患の病態解明と診断法の確立

III. マルチオミクスを基板とした各種生命現象の機序解明

メタボロミクス、ゲノミクス、プロテオミクスなどをつなぎ合わせたマルチオミクスにより、種々の生命現象の分子機序を解明することを目指しています。

ウイルス感染による細胞内代謝変化解析

脂肪肝発症メカニズムの解明

各種シグナル活性化時の細胞内代謝変化解析

ヒスタミン産生および分泌制御メカニズムの解明

IV. アンビエント質量分析装置の開発

生体試料を前処理なく (あるいは最低限の前処理で) 迅速に分析することを可能とする、アンビエントイオン化-質量分析装置の開発を進めています。アンビエントイオン化法は大気圧環境下で試料中の分子を直接イオン化する要素技術で、現在シースフロー探針エレクトロスプレーイオン化法 (sheath-flow Probe electrospray ionization, sfPESI) の開発を重点課題としています。

シースフロー探針エレクトロスプレーイオン化法-質量分析 (sheath-flow probe electrospray ionization mass spectrometry, sfPESI-MS) システムの開発

質量分析内視鏡 (endoscopic-MS) の実用化

PAGE TOP