質量分析、メタボロミクス、データ解析

本ウェブサイトでは主に、
リアルタイム質量分析に係る各種の手法とその応用例、
バルクデータの取り扱いかたと統計解析や判別分析の手法、
について紹介します。

なお本サイトの研究内容は山梨大学医学部解剖学講座細胞生物学教室に帰属します。

マウスのリアルタイム質量分析の様子はこちら


詳細ページはこちら
本学工学部電気電子工学科のChen先生が考案した
質量分析内視鏡の実用に向けた開発を、同所属の二宮先生および、
附属病院頭頸部外科学講座の芦澤先生と共に、本格的に進めることとなりました。
特許出願済み (特願2017-079391)
 Chen et al., Analyst. 2017;142(15):2735-2740.
 Chen et al., Mass Spectrom (Tokyo). 2017;6(3):S0070.


Direct Probe Ionization-MS (DPiMS) 探針エレクトロスプレーイオン化質量分析計
DPiMS-2020はPESI-MSの製品化名です

ーDPiMS-2020に関する代表的な論文ー
血中循環腫瘍細胞 (Circulating Tumor Cell, CTC) の検出
Sakamoto et al., Transl Cancer Res. 2018;7(3):758-764.
動脈硬化の診断
Johno et al., Metabolomics. 2018;13(38):1-11.
消化器粘膜がんの診断
Ashizawa et al., Oral Oncol. 2017;75:111-119.
生きた動物の分析に向けた改良
Yoshimura et al., Mass Spectrom (Tokyo). 2014;3:1-7.
肝細胞がんがんの診断
Yoshimura et al., Anal Chem. 2013;441(1):32-37.
腎細胞がんの診断
Yoshimura et al., J Am Soc Mass Spectrom. 2012;23(10):1741-1749.
生きたマウスの脂肪肝の検出
Yoshimura et al., Anal Biochem. 2011;417(2):195-201.